母の遺品の中に染め付けの小さな器が一枚ありました。


少し古い時代のもので使い込まれてはいますが、美しいだけでなく何か魂のようなものを宿しているように感じました。


人の手と精神がその美しさを作り、使い手がその美しさを感じ取り繋いできたのです。


僕が作るべきものはそういうものだと、その小さな器が道を示してくれました。

 top > About

所在地

滋賀県甲賀市土山町


小倉 広太郎

1979年 滋賀県生まれ

2006年 流木を拾いものを作りはじめる

2007年 独学で家具作りをはじめる

2011年 長野県で木工の基礎を学び直す

2012年 家具工房として独立

2014年 作品を作りはじめる




Profile

Copyright(C)2019        ogurakotaro  All rights Reserved.

About
Workworks.html
Exhibitionexhibition.html
Blog/Instagramblog.html
Orderorder.html
Contactcontact.html

Studio

Tsuchiyama city,Koka,Shiga pref. Japan


Kotaro Ogura

1979 Born in Shiga,Japan,

2006 Pick up driftwood and start making things

2007 Start making furniture by yourself

2011 Learn the basics of woodworking in Nagano Prefecture

2012 Become independent as a furniture studio

2014 Convert from furniture making to tablewares and objects making




There was a small antique blue & white dish in my mother's relics.


It was used for a little while, but I felt not only to be beautiful but also to have something like a soul.


People's hands and spirit made the beauty, and the owner felt and connected with the beauty.


That's what I have to make, the small dish shows the way.

草むらでふと足を止め


耳を澄ますと虫の羽音が聞こえる


小川の浅瀬のなんでもない石をどけると


小さな蟹が慌てて動き出す


拾った石を手のひらで包む感触


見上げると大きな欅の木


空には雲


風が吹くと木々の葉がざーっと音をたて


風がどう吹いているか教えてくれる


自分のまわりにある風景が


私の中を通り形になる


境界が曖昧になる


ただずっとそこにあったもの






When I stop my walk in the grass and clear my ears, I can hear the insect's wings.


When I remove a stone in the shallow water of a brook , a small casket starts to move.


I felt that I wrapped the picked up stone in my palm.


A big zelkova tree looking up and a cloud in the sky.


When the wind blows, the leaves of the trees make a noise and show how the wind blows.


The scenery around me goes through me.


Boundaries become vague.


Just what has been there all the time.

Kotaro Oguratop.html